薬学に関する技術の発達や、人材の適材適所への配置などと言った科学技術をいかした作業が確立されているなかでも、依然として薬剤師の数は足りず、薬剤師求人を出しても集まらないのが現状です。そのためお店をオープン出来ず、出店を見送らなければならない事態にもなっているということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

年々、激しさを増す、大手ドラッグストア同士の競争は、とどまるところを知らず、競い合うようにして、医薬品などの価格が下がっていっている、という現状を、皆さんも目にすることは多いかもしれませんが、このような激しい競争には、あまりメリットはありません。

確かに、カスタマーサイドからすれば、値段が下がることは、大きなメリットである、とも考えられますが、その一方で、十分に質が担保されているかどうか、を判断しにくくなるということも、ありえます。

特に、第一類医薬品のような、薬剤師だけが販売をできるような、医薬品の価格が大きく下がってしまったりすれば、やや、不審がられることも、間違いありませんし、注意が必要なものだと言えるかもしれません。特に、他の店舗との個性を、はっきりとさせ、差別化を行うために、薬剤師自身の能力を問われることが多くなってきたように感じます。

一般的に、薬剤師は、薬を調合して、薬局に入れば良い、という風にも、考えられてきたわけですが、現代では、全く、それにとどまらず、薬局を利用する患者との、コミュニケーションを重視するということが、 非常に盛んになってきたと言えるでしょう。

具体的に言ってしまえば、まず、どのようにして、薬剤師と、薬局と、病院を結びつけるのかという、相互の関わり合いなども、コミュニケーションの一つだと言えるでしょう。

そんな薬剤師の現状について書かれたおすすめコラムです。