薬学部の六年制度への移行にともなって様々な問題が生じており「薬学部の6年をかける専門性はいらない」という声などに負けてしまうこともあったとされています。けっきょくのところ、全てをクリアするためにはとほうもない時間がかかってしまったわけですが、そのかいあって、おおよその目的を達成する形で六年制へと移行できたことは喜ぶべき事であると考えられるでしょう。その一方で、学費が大幅に増加したために、奨学金の問題であったり、全てのさぎょうを終えるまえに大学からドロップアウトする人が出てきてしまうなど、問題も様々に生じてしまったことは、端的にいって、見切り発車のような事態を招いてしまっていると言えるのではないでしょうか?医学部の六年制へ移行に伴って、長年の大願であった、薬学部の六年への移行が実現したことは、ある面から見れば成功したともいえるわけで、初めての六年制の卒業生を出したとされるある年では、非常に専門性の高い人材を採ることができたという声を聴くことが出来るくらいに、大きな差があったと言われることもあったということで、おおむね成功に終わっていると言えるのではないでしょうか?このような過程を経て、薬剤師へとなった人物は、多くが継続して薬剤師を続けている一方で、薬剤師不足からくる過労などによって多くの人がリタイアしているという現状から目をそらしてはいけないということも周知されてしかるべきであると考えられます。そもそも、薬剤師のような難関国家資格を持っている人をいうのは、なるべくその資格をいかすことが出来るように国などによって保護されているべきであり、十分にそのような事態を把握していないことが問題なのです。