これまで通り、薬品を作ることができなくなったり、十分に、機材を準備することができなくなったりしてしまえば、薬学部の基礎研究にも、影響を与えかねない事態だということを、多くの人が実感しつつあるような状況においては、定員割れなどの問題が重なってしまえば、多くの大学が、潰れてしまう可能性すらあるということは、致し方のないことなのかもしれませんね。それでも、現代では、クラウドファンディングなどのインターネットを活用したサービスによって、大学が、活路を見出していると言う、新しい取り組みも見えているようで、現代ならではの、資金の獲得方法を模索しながら、それぞれの大学や薬学部が、生きる道を探していくということが、何よりも重要であると言えるでしょう。国からの、奨学金などが、非常に少なくなってしまえば、景気が減速することにはつながり、薬学研究者などを、受け入れている企業などにも、影響が出てしまうことは、間違いのないことだと言えるでしょう。文系とは、大きく異なり、薬学部を卒業し、研究するために企業に入るという人も多いため、そのような部分で、受け入れ先が少なくなってしまうということは、非常に厳しい事態を招きかねない、ということは、おわかりいただけているのではないでしょうか。薬剤師や、薬局や、病院や、ドラッグストアなどと言った、薬学部をめぐる状況をも、非常に厳しく、薬剤師自体の数が、年々大きく減少しているということは、よく言われることです。不況などの、状況を反映するかのように、少なくなっていることは間違いありませんが、大手のドラッグストアや、チェーン薬局などは、薬剤師を囲い込むようにして、確保しようとしているようです。