薬剤師は高給取りというイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?実際のところ、多くの人がそのようなイメージを持っている通り、同世代の会社員よりも多くの給料をもらっていると言えるのかも知れません。しかし、その労働環境は決していいとは言えないのも事実なのです。具体的に言ってしまうと、特に地方などでは慢性的に薬剤師が不足しているために、土日も出勤するという過酷な勤務を強いられているパターンもあるほか、あまりにも人手が不足しているために、派遣バイトのような形で1日のみスポット的に入るという人もいるという話を聞いたことがあるような気がします。実際、都内などの、人が密集している都心部であれば、募集をかけずとも多くの人が集まるため、あまり求人倍率などを気にしなくてもいいとされることも多いわけですが、都心から離れた場所であると、途端に求人が集まらないという問題が浮上するようです。ちなみに、あるシンクタンクの調査では、近い将来に薬剤師が飽和状態になるということも言われており、結果として給料が安くなるうえに労働時間が増えてしまうという事態も生じかねないとされているため、今後の見通しは極めて明るくはないということは確かにいえるのかもしれません。薬剤師を取り合う競争が激化した結果、大手のドラッグストアが人材を囲い込むようにして確保するながれが非常に強くなってしまい、その結果、人材の価値が暴落するだけでなく、医薬品の価値も大きく落ちてしまう可能性が指摘されていることは、注目すべき事態であると言えるのではないでしょうか?かつての時代では、薬局が病院も兼ねていた時代があり、薬局が全てを解決する時代もあったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です