現代社会では、高齢化が進んだ結果として、超高齢化社会などと揶揄されることも多く、それに伴い、医療費が高騰するという事態も続いているため、薬そのものの、需要と重要性が、確実に高まっているということは、言えるでしょう。そのような中で、薬が果たす役割は大きいのは、もちろんのこと、それを調合する薬剤師の役割も高まりを見せているということは、確実に言えるでしょう。薬剤師になるためには、薬学部で、6年を過ごさなければならず、結果として、国家試験にもを通過しなければならない、という、厳しい壁が、いくつも建っているということは、その専門性と、習得しなければならない知識の量を、表していると、間違いなく言えるでしょう。薬学教育と呼ばれるものが、これまで、おろそかにされてきたわけですが、6年と言う、修業年限に基づいて、様々な講義がなされるようになり、薬に関しての、専門性を高めるだけではなく、患者との、関わり合いを重視する、という授業も出てきました。2005年頃を境に、定められた取り決めによって、患者に対して、どのようにアプローチをしていくのかということが、薬学部でも重要視されるようになってきた、という風に言えるでしょう。 このように、じっくりと腰を据えて学ぶことができる 、環境が整えられてきた一方で、病院や、薬局などで、人手が大きく不足していることが、深刻な事態と招いているということがあるわけで、田舎の調剤薬局などでは、まるで、派遣アルバイトのようにして、一日限りの契約で薬剤師に入ってもらうなどというような事態も、なっているということで、薬剤師の仕事と、その重要性が、問われている場面ではあると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です