薬は大別して2種類あります。一つは処方薬、もう一つは市販薬です。市販薬は医師を介さずに入手できるため、気軽に購入して服用する人がいます。欧米ではその手軽さからOTC(over the counter)と呼ばれています。しかしこの入手のし易さから、酷い誤解が広まっています。それは、「市販薬の副作用は小さい」というものです。結論から言えば、この認識は完全な誤りですが、これほど実しやかに言われているのですから、誤解の理由がありそうです。思うに、「市販薬は処方薬より効果が小さい」という事実が大きく影響しているのではないでしょうか。確かに市販薬は処方薬に比して主成分の量が減らされているため、効きが悪いこともあります。しかし成分自体は処方薬と変わらないわけですから、危険性が小さいものでもありません。現に、毎年市販薬の服用者の中に死者が出ていると言われています。死者以外にも、副作用の後遺症に苦しむ人が大勢います。製薬会社が公開する統計データでも確認できますが、そこで記されている数字は自己申告をベースとしているため、実際はさらに多くの人が亡くなったり、苦しんでいたりするはずです。例えば一人暮らしの人が服薬後に自宅で亡くなった場合、警察や家族が服薬を原因として想像することはほとんどないでしょう。また、風邪薬の服用後にギラン・バレー症候群に罹患した場合、本人も風邪薬が原因だとは思い付かないはずです。統計データはあくまでも参考値に過ぎず、副作用の恐ろしさのほんの一部でしかないのです。
処方薬も市販薬も、成分が同じである以上、どちらも危険です。しかし処方薬の服用は医師の指示を前提としますから、市販薬の方がより危険と言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です