市販薬は処方薬のように調剤できるわけではありません。従って、風邪薬のような総合感冒薬は、咳や鼻水といったあらゆる症状の全てに効くように配合されています。つまり一人一人の購入者の症状に合わせていないので、余計な成分も含まれていることになります。必要のない成分を無理矢理経口摂取するわけですから、副作用の恐れは多分にあります。薬の説明書に記載されている用法、用量は、それを守れば誰にとっても安全であることを意味するわけではありません。正しく服用しても、人によっては副作用が現れます。同じ人であっても体調の差で、現れたり現れなかったりします。

時代が進むにつれて市販薬の購入はますます容易になり、今ではオンライン通販で購入する人もいるでしょう。さらに厚労省は、市販薬の購入者を税制上優遇する措置を設けることを検討しており、薬の購入は一層推し進められることになりそうです。製薬会社だけではなく、政府も薬の購入を後押ししているのですから、誰かが市販薬の危険性を喧伝しなければ、大変なことになると思います。

私が危惧しているのは、今後薬の服用がカジュアル化してしまうことです。現に、若い女性が風邪薬や頭痛薬を気軽に持ち歩いています。何か不調を感じたらすぐに呑めるようにしているのでしょうが、副作用の怖さを知らないにも程があります。恐らく彼女たちは子どもの頃、親に薬を呑まされることが頻繁にあったのでしょう。それでは薬に対して抵抗感を覚えるはずがありません。日本の医療費が安いということも、親がすぐに薬を買い与えることに繋がっているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です